デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョナサン・アイブ

Macにお世話になっている私たちにとってジョナサン・アイブは神々しいデザイナーです。彼は アップル社インダストリアルデザイン部門担当ヴァイスプレジデント。つまりデザイナーにしてアップルの副社長に上りつめた人物です。「物」の販売において、その性能はもちろんですが、デザインも売上を左右します。ぱっとしないパソコン関連のデザインにおいて、ジョナサン・アイブは革新的なデザインの数々を産み出してきました。
彼を一躍有名にしたのは1998年に登場したimacです。透明なボディにおにぎりのような形状。この愛くるしいmacは大ヒットとなり、サードパーティー製品はおろか、パソコンに関係のない商品までトランスルーセントが流行ました。(当時スケルトンという言葉が多くつかわれましたが厳密にはトランスルーセントです。)

私が個人的に好きなのはMacBook Proのデザイン。win系のノートパソコンがどうしようもないくらいダサイ中、あまりにもすぐれたデザインだと思います。win系のノートパソコンは薄くみせるため前部のみせり出し、しかし後部はこのうえなく分厚い。しかしMacBookは限りなくフラットでスクエア。ほれぼれするくらいかっこ良いです。win系の人でもMacBookの中にwinOSを入れて使う人がいるほどです。

そしてなんといっても凄まじいヒットを巻き起こした「iPod」。革新的なインターフェイスとiTunesの連携による簡素な操作性。21世紀を代表するデザインと言っても過言ではないでしょう。iPodに追従して多くのメーカーから多くのMP3携帯プレーヤーが発売されましたが、iPodの足下にもおよばないものばかりです。iPodの功績により2006年にエリザベス2世から大英勲章を授与されています。それほどの影響力をもつデザインです。
その他数々の賞を受賞していますが、賞をとったからすごいというわけではないのですが、しかしジョナサン・アイブのデザインは一線を画していて、21世紀最高のデザイナーの一人であることは、疑い用の無い事実だと思います。
i
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://designpro.blog12.fc2.com/tb.php/29-679415f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。