デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステレオ

ボクが学生の頃はオーディオブームでした。
当時の大人はデッキ、アンプ、スピーカー等ごとに
好みのメーカーで組み合わせてステレオセットを組んだりして、
自分の音響装置の音の良さをきそったりしていました。

学生の頃はステレオなど買えませんが、
そのかわりにラジカセブームが到来しました。
各メーカー、性能を追求して、
もはや持ち運べないほど大きなラジカセも登場したりしました。
変わり種は3デッキ搭載のもや、7スピーカー搭載、
中にはレコードプレイヤー搭載のラジカセなんかもありました。

それに合わせてメディアのカセットも
ノーマル、クロム、フェリークロム、メタルテープと4種もありました。
再生周波数特性とかマニアックな話題で盛り上がったものです。

ボクなんかは電気街でラジカセのパンフを集めては眺めるのが好きでした。
いつか、ラジカセ等のオーディオの工業デザイナーになりたいって思ってました。

最近の若者に話を聞くと、デジタル世代なのか、
アナログな「メカ物」はにはまるで興味がないようです。
もっぱらダウンロードデータをイヤフォンで聴のがあたりまえ。
ステレオガンガン鳴らしてお隣さんに怒られる(笑)なんてことも無いのでしょうね。

ボクが成人する頃にはミニコンポブームが来ます。
ステレオはどんどん小型されて、厳つさがなくなり
おしゃれになっていきます。

それからメカという性能重視指向ではなくなり
(音質がある程度の高レベルになり技術的に安定してきた性もあるでしょう)
女の子の部屋にも合うようなインテリア感覚なものになていった気がします。

それからはみなさんご存知のように
ウォークマン、MDウォークマン、MP3プレーヤー
→IPodとどんどんスマートになっていき、
重厚なオーディオは影をひそめるわけです。

そして、ついには、単なる携帯電話の1機能に
成り下が(?)ってしまいましたよねぇ。
それだけ身近になった、と言った方が良いのかな。


ラジカセ
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://designpro.blog12.fc2.com/tb.php/172-73a05e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。