デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパーレス時代

エコが叫ばれるようになってから、ずいぶん前からですが、
ペーパーレス社会が提唱されています。
やはりみんな紙はムダと思っているみたいです。
今回の記事もその一端。
1つだけ抜き出しておきますが、その他はリンク元で読んでください。

いつまで名刺交換やってるの
 今年こそ改められるべき10大テクノロジーの世界


1. いつまで名刺交換なさるおつもりですか?

ここまでなにからなにまでデジタル化が進んできた世の中にあって、いまだにほとんど紙ベースの昔から変わっていないものの筆頭に挙げられるのが、ビジネスカードの名刺ではないでしょうか。

とにかく作っては配りまくり、すぐになくなっちゃうので切らさないようにまた注文してって繰り返しで、この習慣が途絶えない限り儲かるのは名刺印刷産業だけなのでは? そんな穿った見方すらしちゃいそうです。おまけにもう名刺をこれ以上いただいても、整理にも保管スペースにも困っちゃうだけですし...

そう実はほとんどのビジネスパーソンが感じているんでしょうけど、でもヤメられないのが名刺交換による挨拶スタイルなんでしょうね。やはりこの伝統ある名刺を、すぐにこの世からなくしてしまうことは現実的ではないんでしょうね。でも、まずは無駄な紙の名刺からなくす方向性を定着させていくのはいかがでしょうか?

すでにiPhoneやAndroidのスマートフォン向けには無料のアプリ「Bump」が登場しており、スピーディーで自由度の高いデジタル名刺の交換が可能になったりしています。どんどんとこういう流れがスタンダードになっていってほしいものですよね。

そもそも紙の名刺でもらっても、最終的には名刺交換した相手先のメールアドレスやURLなんかをデジタルに入力することになるんですしね。デジタル名刺のほうが、スペースに限りのある紙の名刺よりも、結局のところはより多くの役立つ情報を詰め込んでお渡しできるような気がしますよ。

このところスマートフォンでもNFC(Near Field Communication)タグを搭載して、いわゆるお財布ケータイ対応モデルなんかが普及してきました。このNFCをフル活用することで、もうだれでも持っているケータイ同士でデジタルに名刺交換~なんてスタイルが一般化していってほしいところです。そこに大きなビジネスチャンスまで隠れていたりして?

いつまで名刺交換やってるの
 今年こそ改められるべき10大テクノロジーの世界
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://designpro.blog12.fc2.com/tb.php/159-aa6e11ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。