デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそiPhone

最近、バスや電車などでiPhion(あるいはスマートフォン)を持っている人がかなり多いことに驚きます。
auからもiPhoneが発売されるので、ますます加速していくでしょう。
広告業界の衰退、マスメディアの低迷、特に印刷業界はひどいです。
Web業界というかホームページも印刷よりはましですが、
価格破壊が初まっており、けいして明るくありません。

昨日、とある講習会に参加したのですが、これからは
ソーシャルネットワークをいかにうまく使いこなせるかがキーのようです。

日本のネットは携帯の方が多いです。
つまりiPhoneを代表とするスマートフォンにターゲットを絞って
仕事をシフトするのが一番の得策だと思います。

我々の業界誌を見てみると未だWebだのデジタルコンテンツだの書いてあり、
私に言わせれば、「それってもう古いよ、、出遅れてるよ」
と思うのです。それどころか現実、この業界で実際にWebコンテンツ制作に
本腰を入れている会社はほとんどありません。
あきらかにWebコンテンツの方が仕事量が多いのに!です。
それでもWebにシフトしない業界体質。
これでは生き残れるはずがありません。

過ぎようとしているものに力をそそいでもしかたありません。
これからのものに目を向けないと何の意味もありません。
仕事が減っているのであれば仕事が多いジャンルへシフトするのは当然の選択ではないでしょうか。

私はかつて、この業界にmacが出始めた頃、
「写植や紙焼き等、版下を作る上で絶対必要な道具をいっさい使わない」
というコンセプトで小さなデザイン会社をつくり成功した経験があります。
これからはmacがDTP界を制すると信じたからです。
その姿勢が評価され仕事が増えていきました。最先端で仕事をしているという評判がたったためです。
小さな需要にこだわって、「まだ仕事があるから、、、」と無駄な経費をかけるのはマイナス思考の典型です。
小さな需要、まして将来性もない物に経費をかけてはいけません。

逆に言えばこれからの可能性があるものにはお金を惜しんではいけません。
macが普及してからmacを導入した会社はだいたいが成功していません。
デジタル関連はスピードが命です。手を出すのが遅ければ、それはすなわち手遅れなのです。

でiPhoneの話し。
日本のインターネットの普及率は実は携帯がかなり占めています。
その携帯はiPhoneをはじめとするスマートフォンに以降していきます。
つまりデジタルコンテンツのほとんどはiPhone媒体がメインということになるわけです。
印刷業界が下降しているのは不景気のせいなんかではありません。
携帯デジタル端末に移行しているからなのです。

今iPhoneを持っていないのはひじょーにやばいです。
iPhoneを携帯と思わないでください。ましてやパソコンでもありません。
「今の携帯で不自由は感じない」というのが買い換えていない人の意見。
「iPhoneってパソコンみたいなものでしょ?家でネットするから必要無い」
それって根本的な勘違いです。何もわかっていない。
ユビキタスの重要性に気づいていません。
「紙」媒体が無くなるわけない。なんて思っていたら酷い目にあうと思います。
何を根拠にそう思うのでしょうか?それって自分の価値観です。
新しい世代はそんなこと思っていません。

私の友達は2人を除いて全員iPhoneをもっています。
面白いことにその2人は私と同じ印刷業界で仕事をしているのです。
偶然と言えばそれまでですが、しかしこの低迷する業界の人間気質を表しています。

他の友人はiPhoneを持たないで仕事なんてとても考えられないとまで言っています。
勘違いしないでほしいのはiPhoneを持ったって、ばりばり仕事が出来るようになんてなりません。
そうではなく、時代を席幕ものに手を出さない姿勢が考えが
仕事にも影響しているといいたいのです。

今のままで変えない、、、それってそのまま今のビジネスにあてはまりませんか?
スポンサーサイト

テーマ:iPhone5 - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://designpro.blog12.fc2.com/tb.php/124-9f5736df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。