デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー

最近本当に良い試合が続いているサッカーですね。
昨夜も興奮しました。
PK戦で勝ったときにツィートしたのですが、その前後で
「ふじいあきら」と「宇多田ひかる」もツィートしてました。
なんか間にはさまれてちょっとうれしい。

●サッカーといえばザック・スナイダー監督の映画「サッカーパンチ」の放題が
「エンジェル ウォーズ」に変更されましたね、スポーツのサッカーと紛らわしいからでしょうか。
綴りが違うのにね。でも観たいです。妄想映画エンジェル ウォーズ

●サッカートリックという手品用語があります。一瞬マジシャンが失敗したと思わせて
じつはラストにどんでん返しが用意されているというもの。

1-26
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

iPhoneアプリ

iPhoneアプリ開発のためにサラリーマンがパソコン教室に通ったり、小学生がアプリで何億も稼いだり、というニュースを耳にします。
今の時代スマートフォンのアプリくらい作れなきゃ!と思い、パソコン教室を調べるも、あっけなく挫折。
受講料はプログラム初心者だと40万円くらいかかるみたい。
C言語すら知らないので、そこから習うとなるとどうしてもこんな金額になってしまう。
ていうか今からC言語なんて無理むり。
サラリーマンが通うといっても、子供の頃ポケコンで遊んでたり、MSXをさわっていたりという人なのだろう。
少なくともPCをばりばりカスタマイズくらいできなきゃ敷居が高すぎます。

今のご時世40万はきつい。でもアプリがヒットすればタダみたいに安い?

でもプログラムが出来るようになってもヒットするアプリを思いつかなければ意味がない。
技術とプログラムデザイン能力は別次元ですから。

現在は高校、大学に通うよりパソコンスクールに通う方がよっぽど仕事にありつけるのではないでしょうか。
それほどパソコンを活用できるかどうかが重要なファクターだと思います。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

印刷業界もWeb知識は必修

Webは本来ジャンルが違う仕事なのですが、最近はその方面の知識が無いと何かと不便です。
そこで、仕事が早く片付いた時などにWeb制作の学校に通っているのですが、さすがに私のように中年になると吸収力が落ちてきて覚えが悪いです。
まわりの生徒は若者ばかり。この若者たちがこれからどんどんWeb業界に進出してくるのでしょうから、先は怖いです。少しでも足踏みしたらとたんにこの業界から落ちこぼれます。
「わからない」では通用しません。印刷業界といえどもWebの知識が無いと生き残れないでしょう。もう勉強するしかないです。CSS以外にもJavaやPhPなどプログラミング系も必要なので勉強したいのですが、なにせ授業料がべらぼうに高い!かといって素人が本片手に独学するのは敷居が高すぎます。ひとつ習うのに数十万かかるなんて!なんか安く教えてくれるところはないのでしょうか?

テーマ:webサイト作成 - ジャンル:コンピュータ

SEO

知人にホームページのSEOを頼まれて、勉強がてらにちょこちょこやっていたのですが、
なんとかかなり良い線までいってました。
ところが昨年、突然ランク外扱いになってしまい困ってしまいました。
いろいろ調べた結果、Google恐怖の「追放」扱いになってしまったようです。
無理矢理ランクを上げるために違法なSEOを施していたためでした。

3ヶ月ほど勉強しなおして(SEOを習いに行ったり)TOPページのタグを書き直しました。
なんとYahoo、Google共に検索結果1位にこぎ着けることができました。
ま、といっても私だけの力ではありせん。多くの被リンクなどのおかげでもあります。

弊社のサイトもなんとかランクを上げたいのですが、圧倒的に被リンクがすくないのと、競合ライバルがめちゃ多いのとで、なかなか思うようになりません。

う~む。さらに勉強です。

下記の「Ferret+」というサイトはSEO対策に便利です。
無料ですので是非使ってみてください。
613

テーマ:Webデザイン - ジャンル:コンピュータ

トイレの神様

植村花菜の「トイレの神様」がじわじわ人気がでて、昨年ついに紅白出場、今年5日にはなんとドラマ化されました。僕も漠然と「良い歌だな」と思っていましたが、そのドラマを見て唖然。歌に出てくるおばあちゃんは、なんと豪邸に住んでいるではないですか。おじいちゃんは会社社長で羽振りが良かったとか。
たとえば金銭的な理由でおばあちゃん家に預けられていたと思っていたのですが、違いました。
がっかりしましたが、同じ事を思った人も多いはずと思いネットをぐぐるとやはり出てきました、植村花菜バッシング。紅白出演もクレームの嵐。あえて詳しくは書きませんが、お金持ちの孫のわがまま物語、だったんですね。
出る杭は打たれるです。植村花菜に次はないでしょう。

たしかに歌詞をよく考えて聴くと、う~ん、なるほど、ただの普通の出来事でた。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。