デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に節約?

不景気だから仕方ないのですが、やたら節約術が流行っています。テレビでもネットでも節約術はいくらでもでてきます。それはそれでいいのですが、まったく意味の無いことに労力を掛けている場合も多いです。
例えばこまめに蛍光灯を消したりしますが、これはまったく意味がないことです。蛍光灯1本節約したところで1月10円程度です。しかし蛍光灯は1回消すごとに寿命が30分短くなるのです。どちらが得でしょうか?
また、待機電力も僕は切らない派です。待機電力なんて微々たる物をケチってどうなるのでしょう。タバコ1箱、ビール1缶ですべてがちゃらになってしまいます。
何十円何百円、年間通しても数千円レベルを節約していったい何になるのでしょうか。
節約できるところは他にあるはずですが、無意味で容易い節約術で、節約した気分になっているだけなのです。それは逆に本質から目を背けている事になり悪影響だと僕は思います。
それならば普通自動車を軽自動車に変えれば強制保険で約5~6万は浮くでしょう。ガソリン代だったら年間数十万違います。それにセダンよりも軽自動車の方が荷物は多く積載できます。車にこだわりさえなければ何十万も節約になります。
食料品などは難しいです。無農薬野菜や無添加、無保存料、無着色等の食品は2~3倍も高かったりします。しかし食費が高くなるからといって、農薬や化学薬品の入った食材を食べて、病気になったら、医療費を考えたとき、はたしてどちらが高いと言えるでしょうか。
節約はもっと本質を考えて行動しないといけません。小さな節約を積み重ねても、ちりも積もれば山などにはなりません。このことわざの真意をご存知でしょうか、ちりはいくら積もってもけっして山にはなりえないのです。細かいことをケチって気分貧乏になって、良い仕事や生活が本当に出来るでしょうか?
役立つものまで節約するのではなく逆にいかさなければいけません。

つまり、簡単な節約をして、「節約をしたつもりになるな」ということです。必要な投資もあるのです。
蛍光灯をけすのなら、喫煙者であればタバコ1本でも減らせば良いのです。吸わない人であれば本を読むなり有効に使えば良いのです。
お役所なども、莫大なムダをしながら、照明や冷暖房を節約するのは、単なるパフォーマンスです。
地下鉄なども蛍光灯を半分にへらしたりしてますが、危険防止の為に明るさは重要です。
また人間の気分気力にも影響があるので、暗くするのは大反対です。
スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

Googleエンジン

Yahooが検索にGoogleエンジンを使うと発表されてから4ヶ月たちました。少しずつ変更されているという噂は聞いていましたが、ついにボクのサイトにも見えるかたちであらわれました。
ボクは個人の趣味のサイトを運営しているのですが、その検索結果がYahooとGoogleで同じになりました。
これはYahooがGoogleエンジンに切り替えた証拠ですね。
↓下記のキャプチャーはSEO対策サイトFerretでの結果です。
9日に急激にYahooでのアクセスが下がっちゃのですが、ここらへんでYahooは何かをしていたようです。
1118b

テーマ:SEO対策 - ジャンル:コンピュータ

デザインとは何ぞや?

まず見てください。
マーケティングコンサルタントで有名な藤村正宏のブログに出ていた事例です。

ちらし

どう思いましたか?」ひどいちらしだ。なんて思ったのではないでしょうか?
しかしこのちらしはインパクト大で大変効果があったということらしいです。

それはいいんですが、藤村氏が
「デザイナーには絶対に理解できない、売れるチラシ」
「絶対に広告代理店や印刷会社、デザイナーは作れません!」
と言い切っているのがね、気に入りません。
それはデザイナーを勘違いいています。
ま、というか、日頃から勘違いされつづけているんですけどね。

作れないのではなくて、もしこんなのを作ったら、大変怒られてしまうでしょう。まちがいなく。

デザイナーは、ある案件をデザイン的に「かっこ良く仕上げる」事をもとめられるんですよね。
営業にも得意先にも。しかし僕らデザイナーは営業の為でもなければ、さらに言ってしまえば、
お得意様の為にデザインしているのではありません。最終的にそのデザインを見る事になるエンドユーザーの為にデザインしているのです。その為に徹底的にリサーチして仕事に臨んでいるのです。
大抵の場合はクライアントというものは思い入れが大きく、自社の製品に自信があるので、外部の意見を聞きません。でもクライアントが喜ぶデザインなど一般に訴求力があるはずありません。そうではなく第三者である外部デザイナーがつくるからこそお客様目線が理解できるのです。
しかし現実はクライアントが喜ぶデザインをしないと仕事になりません。
よって現実的にはほとんど不可能です。

で、上記のちらしですが、「こんなひどいデザイン!」なんて思いません。
戦略的に計算されているのは十分理解出来ます。デザイナーは見た目をかっこ良くするのが仕事ではないのです。
デザインとは仕組みを機能させるために構築するということです。

中身の無い見た目だけのデザインは、本当は無意味です。

元ネタはこちら→藤村正宏のエクスペリエンス・マーケティング

コンピュータ界のBMWを目指せ!

ギズモードの記事からです。

今のアップルの成功の13年まえのスティーブ・ジョブスの発言、興味深いです。

------------------------------------------------
あれは、1997年のことです。正確にいつ、どこでだったかは思い出せません。ただGoogleで検索しても出てこないので、Apple社内のミーティングか何かでのことだと思います。詳細は色々と忘れてしまっているのですが、ジョブスが言った、この辛辣な言葉は非常に身にしみたので正確に覚えています。
デスクトップの戦いは終わった。我々は敗北した
もちろん、ジョブスはさじを投げてしまったわけではありません。これは、beat Microsoftという当時Apple社の中にあった考え方を払拭するための発言でした。何よりもAppleがしなければいけないことは、もう一度Appleらしくあるべきだということを言おうとしていたのです。

彼はAppleをBMWに例えました。BMWが世界の車市場で占めるシェアは5%以下です。しかしBMWは数あるブランドの中でブランドとして、存在感を示しています。
スティーブのヴィジョンはこうです。量は捨てる。そのかわり質と革新性において圧倒する

それから13年が経った今、ジョブスの考えが100%正しかったとは言えません。デスクトップの戦いは負けたというのは不適切だからです。デスクトップの戦いはもちろん負けました。Microsoftのシェアは90%です。
しかし、それは本質的な問題ではありません。

確かに、MicrosoftはWindows 7の売り上げで大金を稼ぎました。しかし、ミュージックプレイヤー、スマートフォン、タブレットの市場では2位に甘んじているのです。消費者が求めるテクノロジーの変化がビジネスの様相を大きく変えています。

今では、誰かが「Appleはデスクトップの戦いに負けた」と言うのを聞いたら奇妙に感じるでしょう。もちろんスティーブ自身さえも。
-----------------------------------------------

GIZMODO→元ネタはこちらから




テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

SEO対策

SEO対策はとても大変です。あ、SEOってSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で「検索エンジン最適化」という意味です。いかに検索の贈位につけるかったことですね。
SEO対策と検索エンジン会社の探り合いはいたちごっこで、気を許せません。僕が初めてホームページを作った10年くらい前はフレームやテーブルでかっちり作るのが普通でしたが、今は検索されにくいとう理由で使われることはなくなりました。最近の流行はシンプルなHTMLが検索されやすいという理由でほとんどをCSSで指定するのがあたりまえになっています。
リンクもSEO対策に有利なのでかなり流行ましたが、最近では関連のない内容や、更新頻度が低かったりすると効果がありません。
デザイン的にかっこ良ければいいとはいかなくなったので、デザイナーがwebページを作るのは敷居が高くなってきました。CSSの知識のみならず、PHPやJAVAをはじめ各種スクリプトの知識が必要です。これらのことを今から勉強するのは大変で、またwebの世界は変化が早いので文字通り生涯勉強です。実際そんなことは無理なので、やはりコンピュータ系の人間にたよるしかないのが現状でしょう。
ここ半年、ちょっと時間があったので集中的にCSSとSEOの勉強をしたので知識的には充実してますが、コーディングが出来るかといわれれば、かなり怪しいです。それは野球のルールに詳しいからといって野球が上手いとは限らないのと同じです。
しかし今後世の中はますますWebへとシフトしていくでしょうから、わからないではすまされなくなっていきます。今迄の技術は本当に無意味になっていきます。今迄培ってきた技術にあまんじることなく、更なる技術取得に力をいれないとマジで生き残れないでしょう。
勉強もしないで「わからない」というのはやめましょう。と自分に言い聞かす。

テーマ:SEO対策 - ジャンル:コンピュータ

お役立ちiPhoneアプリ

iPhoneの膨大なアプリにはこの業界にも便利な物が多くあります。それも無料で。
What The Fontもその一つ。文字修正の仕事でアルファベットの書体がわからなくて困る事はよくあることだと思います。このアプリはその文章を撮影すると書体を調べてくれるという便利なもの。デザインやDTP関係の人はインストールしておくべきアプリです。
wtf

What The Font→アップル

もう1つ紹介。Web系の仕事には重宝しそうなアプリ、Color Pickerです。
僕らはCMYKには詳しいですが、RGBはなかなかピントこないのではないでしょうか。
このアプリはRGBの16進数の値を表示してくれます。ホームページ作りにやくだつでしょう。
cp

Color Picker→アップル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。