デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad気になる周辺機器

●これが2000円!?iPadカバーにもなるキーボード

●変身する iPad 2 キーボード

●スタンドにもなるiPadの手帳型ケース

●iPadやiPhone用 折りたたみ式キーボード

●iPadケース
スポンサーサイト

テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ

Gretsch Electromatic G5236T

前田敦子のギターに注文が殺到しているそうです。

AKB48の新曲「GIVE ME FIVE !」はバンド形式でメンバーが楽器を演奏しています。
TVでやたらと流れているので見た事あると思います。
で、これが前田敦子が弾いているギター、
Gretsch Electromatic G5236T(グレッチエレクトロマチック)です。
価格も6万5千円とお手頃価格。
gita-≈
銀のラメ塗装が渋いですね。
ミニ・ハムバッカーにトレモロユニット搭載。
かっこいい。

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」→「けいおん」ときて
だめ押しでAKB48ときたら、
そりゃうれるでしょ!
女子バンドブーム再来するでしょうか?
どちらにしても楽器が売れるのはいいことです。
経済効果もありますし。
akb

暗いところで本を読んでも目は悪くならない。

科学は日進月歩。
だから日々新しいことが分かっていきます。
だから今までの常識は通用しなくなることが多いです。

最近では「OPERA」が行った実験で「ニュートリノが光より速かった」という結果が出て、
すごい話題になってました。
これが本当なら今までの物理学は全て覆されて大変なことになってしまいます。

ま、そんな大きなことでなくても、日々常識は覆されてます。

昔は暗いところで本を読んだら目が悪くなる。
と言われてましたが、それは科学的根拠がなく、
目が悪くなることはないそうです。
近くで物を見てもしかり。

コーヒーが身体に悪いなんて言われてた時代もありましたが、
今では「癌」に良いなんていわれてます。

たとえばお肉と野菜、どっちが太ると思います?
答えは野菜。お肉には太る成分は入っていません(油は別)

チョコレートはポリフェノールが入ってることで有名ですが、
抗アレルギー作用もあるので、喘息やアトピーにも良い。
医者でも知らなかったりするので要注意。

お豆腐はヘルシーなイメージがありますが、実はかなり高カロリー
塩ラーメンより醤油ラーメンの方が塩分が高い。
栄養士でも知らなかったりするので要注意。

等々

自分の常識を疑ってみることが、
進歩の第一歩です。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

facebookuで名刺が作れるそうです。

cade

facebookの新しい機能、Timelineをつかって名刺を作ってくれる会社があるそうです。
考えることが速いですね、発想がすごいですね。
みならわなければなりませんよ!

詳しくは→ギズモード

ペーパーレス時代

エコが叫ばれるようになってから、ずいぶん前からですが、
ペーパーレス社会が提唱されています。
やはりみんな紙はムダと思っているみたいです。
今回の記事もその一端。
1つだけ抜き出しておきますが、その他はリンク元で読んでください。

いつまで名刺交換やってるの
 今年こそ改められるべき10大テクノロジーの世界


1. いつまで名刺交換なさるおつもりですか?

ここまでなにからなにまでデジタル化が進んできた世の中にあって、いまだにほとんど紙ベースの昔から変わっていないものの筆頭に挙げられるのが、ビジネスカードの名刺ではないでしょうか。

とにかく作っては配りまくり、すぐになくなっちゃうので切らさないようにまた注文してって繰り返しで、この習慣が途絶えない限り儲かるのは名刺印刷産業だけなのでは? そんな穿った見方すらしちゃいそうです。おまけにもう名刺をこれ以上いただいても、整理にも保管スペースにも困っちゃうだけですし...

そう実はほとんどのビジネスパーソンが感じているんでしょうけど、でもヤメられないのが名刺交換による挨拶スタイルなんでしょうね。やはりこの伝統ある名刺を、すぐにこの世からなくしてしまうことは現実的ではないんでしょうね。でも、まずは無駄な紙の名刺からなくす方向性を定着させていくのはいかがでしょうか?

すでにiPhoneやAndroidのスマートフォン向けには無料のアプリ「Bump」が登場しており、スピーディーで自由度の高いデジタル名刺の交換が可能になったりしています。どんどんとこういう流れがスタンダードになっていってほしいものですよね。

そもそも紙の名刺でもらっても、最終的には名刺交換した相手先のメールアドレスやURLなんかをデジタルに入力することになるんですしね。デジタル名刺のほうが、スペースに限りのある紙の名刺よりも、結局のところはより多くの役立つ情報を詰め込んでお渡しできるような気がしますよ。

このところスマートフォンでもNFC(Near Field Communication)タグを搭載して、いわゆるお財布ケータイ対応モデルなんかが普及してきました。このNFCをフル活用することで、もうだれでも持っているケータイ同士でデジタルに名刺交換~なんてスタイルが一般化していってほしいところです。そこに大きなビジネスチャンスまで隠れていたりして?

いつまで名刺交換やってるの
 今年こそ改められるべき10大テクノロジーの世界
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。