デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインとは何ぞや?

まず見てください。
マーケティングコンサルタントで有名な藤村正宏のブログに出ていた事例です。

ちらし

どう思いましたか?」ひどいちらしだ。なんて思ったのではないでしょうか?
しかしこのちらしはインパクト大で大変効果があったということらしいです。

それはいいんですが、藤村氏が
「デザイナーには絶対に理解できない、売れるチラシ」
「絶対に広告代理店や印刷会社、デザイナーは作れません!」
と言い切っているのがね、気に入りません。
それはデザイナーを勘違いいています。
ま、というか、日頃から勘違いされつづけているんですけどね。

作れないのではなくて、もしこんなのを作ったら、大変怒られてしまうでしょう。まちがいなく。

デザイナーは、ある案件をデザイン的に「かっこ良く仕上げる」事をもとめられるんですよね。
営業にも得意先にも。しかし僕らデザイナーは営業の為でもなければ、さらに言ってしまえば、
お得意様の為にデザインしているのではありません。最終的にそのデザインを見る事になるエンドユーザーの為にデザインしているのです。その為に徹底的にリサーチして仕事に臨んでいるのです。
大抵の場合はクライアントというものは思い入れが大きく、自社の製品に自信があるので、外部の意見を聞きません。でもクライアントが喜ぶデザインなど一般に訴求力があるはずありません。そうではなく第三者である外部デザイナーがつくるからこそお客様目線が理解できるのです。
しかし現実はクライアントが喜ぶデザインをしないと仕事になりません。
よって現実的にはほとんど不可能です。

で、上記のちらしですが、「こんなひどいデザイン!」なんて思いません。
戦略的に計算されているのは十分理解出来ます。デザイナーは見た目をかっこ良くするのが仕事ではないのです。
デザインとは仕組みを機能させるために構築するということです。

中身の無い見た目だけのデザインは、本当は無意味です。

元ネタはこちら→藤村正宏のエクスペリエンス・マーケティング
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます。

こんにちは、藤村正宏です。
ボクのブログを紹介してくれて、ありがとうございます。
そして、すみません・・・
絶対に理解できない、なんて書いてしまって。
そうですよね。しっかりとした考え方でデザインされている人たちに失礼でした。
ごめんなさい。

今まで、広告やマーケティングの仕事をしていて
自分のデザインを「ボクの作品」というデザイナーが多かったもので・・・。
デザイナーの仕事は、そのデザインでお客さまの問題を解決したり
売上をあげたり、メッセージを伝えたりして、
結果的にお客さまの「利益」を上げることですよね。

決して「自分の作品」を作ることではないはずです。

そういう思いで多くの「デザイナー」には理解できないだろうなと思っただけです。

すみませんでした。これからもエクスマをよろしくお願いします。

藤村正宏

  • 2010/11/17(水) 18:09:04 |
  • URL |
  • 藤村正宏 #-
  • [ 編集 ]

商業デザイナー

藤村さんコメントありがとうございます。
藤村さんのセミナーは幾度となく聞かせていただいて大変勉強になります。
ごめんなさい。藤村さんに文句があったわけではなく、このようなことは
よく起こる問題なのでつい書いてしまいました。
こちらこそ勝手に画像を転載して申し訳ありませんでした。
確かに自分の我を通すデザイナーは多いですね。商業デザイナーはアーティストではない
ということがわかっていない人が多いです。
これからもこれからもエクスマで勉強させていただきます。

  • 2010/11/17(水) 18:23:32 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://designpro.blog12.fc2.com/tb.php/59-c0c599d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。