デザイン室ブログ

ジャンルにとらわれず、いろんなデザイン、アートをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年宇宙の旅 デザイン考察

スタンリー・キューブリック監督の2001年宇宙の旅(以下2001年)は、例外的に評価の高い映画です。後のスターウォーズ等、多くのSF映画に影響を与え、今なお2001年を抜く映画は登場していないと言われています。
 デザイナーである筆者の立場でこの映画を語るなら、何を置いても「美術、デザインがすごい」の一言につきます。40年以上経ってもいまだ色褪せないそのデザインの数々には目を見張るものがあります。

 最初にリング型宇宙ステーショが登場しますが、そのインテリアにガツンとやられます。リング状の居住区なのでその廊下は緩やかに曲面を描き、真っ白で統一された空間は日常からかけ離れた宇宙、そしてテクノロジーの進んだ未来というイメージを一瞬で鑑賞者に理解させます。その中で唯一色をまとった家具「真っ赤な椅子」が絶妙なコントラストを与えて素晴らしいの一言につきます。ちなみにこの椅子、「ジンチェア」といい、フランスのデザイナー、オリビエ・ムルグの作品です。

ちなみにあまり気づかれていませんが、部屋を照らす照明器具は登場しません。天井が発光しているという設定でしょうか。

 当然ながら宇宙船のデザインも素晴らしく、今は亡きパンアメリカン航空という位置づけのシャトルは美しすぎるデザインです。それに対照的に機能的な着陸船アリエス号。こういったバランス感覚もみごと。
 それら模型の精度は現在でもまったく抜かれてはいません。むしろ科学的考証の上にデザインされたそれらは、現存するどのSF映画メカよりも説得力があります。それはSFデザイナーがデザインする今時のメカと違い、本物のデザイナーや学者をふんだんに起用したからに違い有りません。

 そして優雅に飛ぶそれら宇宙船の映像はモーションコントロールカメラがまだ開発されていなかた時代の撮影とは思えないほどの完成度です。(実際10メートルを超えるネジを作り、1回転まわして1コマ撮影するという、想像を絶する労力をかけて撮影された、超ローテク人力モーションコントロール!)今ではとても贅沢で撮影不可能な、超長時間露光(たった1秒間の撮影にも数時間かかる!)による撮影の賜物です。この映画の特撮が40年たった今も他の映画に抜かれる事のない超絶映像なのは、この長時間露光撮影によるもの。あまりにも壮絶な技法のため、どんな特撮マンも嫌がり、ほとんど行われていません。今ではCGによって何でもできそうな感じがありますが、実際はそうでもなくて、CG特有のマッピングによるディティール描写の方法論では模型撮影を超える事は現時点では難しいのです。

 デザインに話を戻すと、宇宙飛行士達が使用している腕時計は、現在も数々の映画に提供しつづけているスイスのハミルトン社によるデザインです。(残念ながらスウォッチグループが買収しましたがブランドは今も現存)モデルX-01として2006年に 2001本限定として発売されましたが、今見てもかっこいいです。
 そして16メートルもの巨大模型で撮影されたディスカバリー号。スターウォーズにも多大な影響をあたえているいわゆるごちゃメカ。しかしデザインはいたってシンプル。脊椎動物的なモチーフもテーマとあっていていい。(「精子」デザイン説もあります)

 ちなみにディスカバリー号内部でボーマン達が食事で使用するフォーク&スプーンは、AJカトラリーといい、デンマークの巨匠デザイナー、アルネ ヤコブセン氏によるものです。

(SF映画を熱く語れ!から転載)

Flashによる解説がすばらしいサイト。↓

http://www.kubrick2001.com/
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

iPad気になる周辺機器

●これが2000円!?iPadカバーにもなるキーボード

●変身する iPad 2 キーボード

●スタンドにもなるiPadの手帳型ケース

●iPadやiPhone用 折りたたみ式キーボード

●iPadケース

テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ

ある意味アナログの良さを取り戻したNew iPad

本がiPad等の電子端末になるだけで抵抗のある人がいる。
しかし考えてみると、
文字が紙の上に印刷しているのか、ディスプレイの上に表示されているかの違い。
ボクに言わせれば巻物が綴じた本になったレベル。
(壁画がパルプになったほどではない)
紙の方が良い!とあえて言う必要などないと考える。
慣れ親しんできたものが最良と感じる感覚は分からないでもないが、
時代に即した物に調整していくのは必然。
外部記憶装置が必要な情報過多の時代に紙の本では追いつけない。
(紙の本はこれからは贅沢な趣味に変わって行くと思う)
本質はあくまで中身。デザイナー目線で敢えて言わせていただくと、
紙の本は質感や装丁でデザイン的にデコレートしただけであり、中身が良くなったわけではない。
漱石をiPadで読んだら三文小説になるわけでもない。
本は情報でありそれ以外の何ものでも無い。TPOにあわせて紙、タブレット、PC、
すきなスタイルのデバイスを選べばいい。
紙の方が良いなんて、優劣などナンセンスだと思う。
飛び出す仕掛け絵本などもボクは開発しているが、それでもあえて紙の方が優れてるとは言わない。
デジタルでも紙以上の表現はできるし、質感も出せる。
それに、
長年の蓄積で進化してきた紙の本の良さをデジタル書籍に今求めるのは酷というもの。
デジタル書籍はまだよちよち歩きの段階。これから成長していき、あらたな質感が
生まれていくと思う。そのためにデザイナーは存在すると思うのです。

さて明日新しいiPadが発売されます。
今回のiPad搭載のレティナディスプレイで、デジタル書籍は躍進的に進化したと言えるのではないでしょうか。
ボクは仕事がら、本といえば文字よりも「絵」や「写真」を扱う画集や写真集に触れることが多いです。
しかしながら現在の印刷技術を持ってしても、画集に関しては満足行くものが作れません。
文字や写真では気づかなかった刷りむらや再現度の低さ、が残念でなりません。
印刷という構造上、刷りはじめと終わりで10%以上の色の差が発生したりもします。
また、詳細を見ようと近づくと印刷の網点がみえるだけ。
しかしレティナディスプレイの登場で、印刷の欠点を克服したと思います。
銀塩写真よろしく網点がほとんど見えません。
ある意味、よりアナログの良さを取り戻したともいえるのです。

長い歴史の紙の書籍に対して
黎明期のデジタル書籍を批判するのは
時期尚早だと思うのです。


ipad

ステレオ

ボクが学生の頃はオーディオブームでした。
当時の大人はデッキ、アンプ、スピーカー等ごとに
好みのメーカーで組み合わせてステレオセットを組んだりして、
自分の音響装置の音の良さをきそったりしていました。

学生の頃はステレオなど買えませんが、
そのかわりにラジカセブームが到来しました。
各メーカー、性能を追求して、
もはや持ち運べないほど大きなラジカセも登場したりしました。
変わり種は3デッキ搭載のもや、7スピーカー搭載、
中にはレコードプレイヤー搭載のラジカセなんかもありました。

それに合わせてメディアのカセットも
ノーマル、クロム、フェリークロム、メタルテープと4種もありました。
再生周波数特性とかマニアックな話題で盛り上がったものです。

ボクなんかは電気街でラジカセのパンフを集めては眺めるのが好きでした。
いつか、ラジカセ等のオーディオの工業デザイナーになりたいって思ってました。

最近の若者に話を聞くと、デジタル世代なのか、
アナログな「メカ物」はにはまるで興味がないようです。
もっぱらダウンロードデータをイヤフォンで聴のがあたりまえ。
ステレオガンガン鳴らしてお隣さんに怒られる(笑)なんてことも無いのでしょうね。

ボクが成人する頃にはミニコンポブームが来ます。
ステレオはどんどん小型されて、厳つさがなくなり
おしゃれになっていきます。

それからメカという性能重視指向ではなくなり
(音質がある程度の高レベルになり技術的に安定してきた性もあるでしょう)
女の子の部屋にも合うようなインテリア感覚なものになていった気がします。

それからはみなさんご存知のように
ウォークマン、MDウォークマン、MP3プレーヤー
→IPodとどんどんスマートになっていき、
重厚なオーディオは影をひそめるわけです。

そして、ついには、単なる携帯電話の1機能に
成り下が(?)ってしまいましたよねぇ。
それだけ身近になった、と言った方が良いのかな。

続きを読む

テーマ:オーディオ - ジャンル:音楽

Gretsch Electromatic G5236T

前田敦子のギターに注文が殺到しているそうです。

AKB48の新曲「GIVE ME FIVE !」はバンド形式でメンバーが楽器を演奏しています。
TVでやたらと流れているので見た事あると思います。
で、これが前田敦子が弾いているギター、
Gretsch Electromatic G5236T(グレッチエレクトロマチック)です。
価格も6万5千円とお手頃価格。
gita-≈
銀のラメ塗装が渋いですね。
ミニ・ハムバッカーにトレモロユニット搭載。
かっこいい。

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」→「けいおん」ときて
だめ押しでAKB48ときたら、
そりゃうれるでしょ!
女子バンドブーム再来するでしょうか?
どちらにしても楽器が売れるのはいいことです。
経済効果もありますし。
akb

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。